トップ / 医療機器の問題や危険性

医療機器の問題や危険性

医療機器の注意点

安全

医療機器による安全性の報告制度

医療機器とは医療を行う目的で開発された様々な道具のことを指し示す言葉です。通常の使用においては特に人体に害をなす可能性が無いものも多いですが、一歩使い方を誤ると大変なことになってしまう機械類も少なくありません。その様なものを直接使用する医療技術者が医療機器に対して何らかの危険性を感じた場合に、その安全性の報告を直接国に行う仕組みが存在しています。その様な窓口を利用して開発元の企業も把握していない可能性のある問題を指摘することが将来的な医療事故の低減につながるものであるということが出来るでしょう。

病院での機器の安全の確保

病院での医療機器の安全管理は多くの病院では臨床工学技士が行っています。臨床工学技士は機器の使用中の動作確認や、使用終了後の機器の清掃、安心して患者に使用してもらうための定期点検など機器の様々な点検を行っています。そのため、使用中の機器のトラブルが発生した場合にはすぐに報告され早急な対応を行うことが可能です。また、医療機器の保守点検は厚生労働省からも義務化されているため、点検記録や点検スケジュールなど定期的に報告を行っています。そのように病院では機器の安全確保が行われているので患者は治療に安心して集中することができるのです。

↑PAGE TOP